会社設立後の手続き

ここでは、会社設立後の事務手続きについて見てみましょう。会社を設立した後は様々な事務手続きが必要ですので、事前に理解しておきましょう。

税務署まず、税務関係の事務手続きです。会社を設立した後は、所轄の税務署に法人設立届などを提出してください。同時に、所轄の県税事務所や市役所などにも法人設立届を提出が必要です。

次は社会保険関係の事務手続きです。社会保険関係の書類としては、健康保険・厚生年金保険新規適用届、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届などがあります。これら届書は、所轄の社会保険事務所に提出してください。

次は労働保険関係の事務手続きです。労働保険については、労災保険や雇用保険があります。会社を設立した後に従業員を雇用すると、労災保険や雇用保険に加入する必要があります。これら労働関係の書類については、所轄の労働基準監督署や、ハローワーク「公共職業安定所」が担当部署になります。なお、雇用保険の場合、雇用保険適用事業所設置届や雇用保険被保険者資格取得届をハローワークに提出してください。

以上が会社設立後の事務手続きになりますが、それぞれ届け出の期限が決まっていますので、早めに準備しておくといいでしょう。また、税理士に相談してみるのも1つの方法です。