会社設立の流れ

男性会社設立には、自分でする方法と専門家に依頼する方法とがあります。どちらもそれぞれ特徴がありますので、自分に合った方法を選びましょう。ここでは法律の専門家である、税理士の代行サービスについて紹介します。税理士の会社設立代行のサービスは以下の流れに沿って行いますので、初めての方は確認しておきましょう。

まず会社設立の準備です。株式会社を設立する際には、次のように最初に決定しておく事項があります。具体的には、商号、事業の目的、本店の所在地、役員、資本金、決算期などです。これら事項を依頼者と相談しながら決定します。

次に定款の作成です。必要事項の決定が終わったら、次は定款の作成です。定款は、紙で作成する方法と電子定款がありますので、その中から選ぶことになります。

次は必要書類への押印です。ここでは、設立登記に必要な書類に印鑑を押してもらいます。自分で設立する場合は25万円程度の費用がかかりますが、代行サービスに依頼すると、さらに手数料などの追加料金が発生します。

次は定款認証と作成が完了した定款を、公証役場に行って認証してもらいます。紙による定款、電子定款、それぞれ同じ手続きになります。また、設立登記の申請、設立登記は法務局で行います。この設立登記が、会社設立の最終段階になります。なお、登記完了、設立登記を申請した後、1週間程度で登記手続きが完了します。

また、設立後の諸手続きについても注意してくだいさい。会社設立が完了すると、様々な手続きを行います。具体的には、銀行口座の開設や、市役所や税務署など、諸官庁への届け出などがあります。