会社設立にかかる費用

お金税理士の仕事も様々ですが、会社設立も大切な仕事になります。依頼者の中には初めての方もおり、その中には実際にかかる費用が気になる人もいるはずです。株式会社設立にかかる費用は次のようになっています。定款認証にかかる費用、定款認証費用は5万円、謄本作成は2千円程度必要です。そして登録免許税ですが、これは資本金の7/1000で、最低は15万円です。

また、定款に貼る印紙代は通常は4万円ですが、電子定款にすればこの分は無料になります。電子定款は簡単にできますので、希望される方は事前に相談しておきましょう。なお、電子定款を自分で作成することもできますが、ソフトの費用や電子署名などの道具が必要になります。また、手順を把握するための時間も必要で。そのような点を考慮するとも、専門家に任せた方が得策と言えます。

会社の印鑑も大切です。これは印鑑の種類にもよりますが、1~2万円程度が一般的です。業者の中には、もっと安い価格で提供しているところもあります。会社の印鑑は早めに用意しておくことをオススメします。その他の雑費としては、印鑑証明や交通費などの雑費があり、これは数千円程度を見ておくといいでしょう。

以上が会社設立にかかる費用ですが、株式会社につていての総費用は25万円~30万円程度になります。続いては、会社設立後の手続きについて説明します。